脚やせの基本ルール

こんにちは!

広島の体質改善専門トレーナー

川本陽一です^^

 

 

 

皆さんは脚を細くする為に

何をしたらいいと思いますか??

 

 

 

ジョギング?

筋トレ?

ヨガ?

ピラティス?

水泳?

 

 

などなど

いろんな運動が思い浮かぶと思います^^

 

 

 

今日は

『脚痩せをするには何をしたらいいの?』

にお応えできる内容をまとめておきます♬

 

 

 

脚痩せをしてもらうには

まずご自身が2つのパターンの

どちらに当てはまるのか

を明確にする必要があります!

 

 

 

パターン1 脂肪太り

特徴:体脂肪率が高い方、下半身だけ体脂肪が落ちにくい方など。

 

パターン2 筋肉太り

特徴:筋肉量が多い方、自転車をこいだり歩くと脚がパンパンに張る方など。

 

 

 

 

ご自身がこの2つのパターンの

どちらに当てはまるのかが

分かりましたら

もう後はそれぞれへのアプローチを

頑張るだけです^^

 

 

 

パターン1脂肪太りの方がやること

①食事コントロール

②筋トレ

③有酸素運動

④インナーマッスルトレーニング(体の奥の小さな筋肉を働かせるもの)

⑤コーディネーショントレーニング(筋肉の連動をよくするもの)

 

脂肪太りの方は基本的には

「痩せる事」をベースとして

行っていただきます。

 

ただ、ダイエットをしても

上半身は痩せて

下半身が痩せないという方は

少し工夫をする必要があります。

 

 

 

どういった工夫かというと

「日常で下半身を動かすことを意識する」

「下半身の筋肉量を増やす」

ことです。

 

例えば

歩くときにお尻の筋肉が働いていないことがあります。

そういった方は歩いている時に特徴がありまして、

 

後ろから見るとお尻がプリプリ左右へ揺れています。

また、横から見ると脚が体より前でしか動いてません。

 

 

 

こういった特徴がある方は

股関節周り(お尻や内モモ)が働いておらず

お尻がペッチャリしていて

かつお尻や内モモ周りが太りやすい状態になっております。

 

 

 

なので体脂肪を減らすことに

プラス下半身を日常で動かしたり

下半身の筋肉量を増やす

ということが必要になるということですね^^

 

 

 

パターン2筋肉太りの方がやること

 

①インナーマッスルトレーニング(体の奥の小さな筋肉を働かせるもの)

②コーディネーショントレーニング(筋肉の連動をよくするもの)

③姿勢改善

④日常で体の使い方を変える意識

 

筋肉太りの方が行うことは

日常の体の使い方を変えることです。

 

 

 

筋肉太りの人は

食べ過ぎで太っているのでは

ありません。

 

 

 

日常生活の筋肉の使い方が

太ももやふくらはぎに負担がかかる

使い方になっていることが原因です。

 

 

具体的に

「日常生活の筋肉の使い方を変える」とは

↓↓

・身体を支える筋肉を変える(インナーマッスルトレーニング)

・骨の配列を整える(姿勢改善)

・これらを日常で常に意識する

ということなのです。

 

 

 

太ももやふくらはぎの表面の筋肉は

身体を支える機能が低いです。

 

身体を支える機能が高いのが

いわゆるインナーマッスルと言われている

身体の奥にある筋肉です。

 

 

 

ただ、日常でインナーマッスルが働きにくい人は

表面の筋肉をパンと張らせて安定性を作り

生活しています。

 

 

表面の筋肉は支える機能が低いため

姿勢が崩れやすくなり

それがさらに身体の安定性を無くします。

 

 

そして、さらに脚が張る。

という流れになります。

 

 

 

ということから

筋肉太りの方は

・身体を支える筋肉を変える(インナーマッスルトレーニング)

・骨の配列を整える(姿勢改善)

をして日常の筋肉の使い方を

変えていくということを

メインで行っていく必要があります^^

 

 

 

 

これが脚痩せをする為の

基本的な考え方です。

 

 

 

すこし聞きなれない考え方も含まれているかも

しれませんが、脚痩せってこういうことなんやなっと

ざっくり分かってもらえたらと思います。

 

 

 

自分がどっちのタイプで

何をしたらいいか明確にしたい方は

是非ご連絡くださいませ^^

 

 

 

本日もお読み頂きまして

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

 

広島十日市の

体質改善ダイエット専門トレーナー

川本陽一